inktoberバナー.jpg

​インクトーバーとは?

毎年10月1日~31日までの1ヶ月間にわたり、インクを使って描いたイラストを1日1枚ネットに投稿(※)するアート・チャレンジイベントです。 イラストレーター・Jake Parker氏が2009年に開始し、彼のイラストレーター仲間とやっていた小さなイベントが、今ではアメリカを中心に25万人もの世界中のアーティスト・漫画家たちが参加しています。 

※作品の投稿は厳密に毎日でなくてもかまいません。また、1日2作品以上の投稿でもOKです。好きなタイミングで、好きな数だけ投稿してください。

Jake Parker とは?

アメリカ在住のイラストレーター。自分のイラストスキルを向上させるため、Inktober(インクトーバー)というアート・チャレンジイベントを2009年に始める。 本やコミックなど書籍の出版も手掛ける。 

 

 Jake Parker氏のサイト

​Inktober公式HP(英語)

​Inktober × Kuretake

パートナーシップ

呉竹は1902年に製墨業として創業しました。墨造りの伝統と誇りを継承し続けながら、1973年に開発した「くれ竹筆ぺん」を初めとし、墨滴やインク、多色展開している水性マーカーやアルコールマーカー、顔彩、クラフト用品など幅広く商品を製造し、アート業界に進出しました。

インクトーバーはインクを使って絵を描くアート・チャレンジイベントです。その創始者であるJake Parker氏はインクを使って自らの画力を向上させるため、また楽しく創作する気持ちを養うため、インクトーバーを作りました。インクトーバーのテーマカラー「白と黒」は「パリッとした”白”い紙に描かれた、濃い”黒”のインク」の美しさからきています。デジタル化が進み、短時間で多機能デジタルツールを使用して創作されることが増えた今の時代において、インクトーバーはアナログ画材を使って、自らの手で時間をかけて作品を創作すること促してくれます。

Jake氏の理念に世界中の多くのアーティストが共感し、2009年に始まったインクトーバーには昨年25万人ものアーティストたちが参加しました。「書く」だけでなく「画く」「描く」ことの楽しさや手書きの温かさ、その文化を人々に伝えることを使命とした呉竹も、そうしたインクトーバーの活動理念に共感し、パートナーシップを結びました。インクトーバーを通じて、インクや筆ぺん、マーカー等で手で”かく”楽しさと文化を、今創作している人やこれから始めようと思っている人たちへ伝えていきたいと思っています。

MORE INFO

ボタン_ルール.png
ボタン_商品.png
ボタン_キャンペーン.png
ボタン_ギャラリー.png
  • instagram
  • twitter
  • facebook
© 2020 Kuretake ZIG Corporation All Rights Reserved.